お茶はダイエットに効果的?お茶の効果や選び方について|美ボディを目指すならボディメイクラボ|BODY ARCHI
お茶はダイエットに効果的?お茶の効果や選び方について

お茶はダイエットに効果的?お茶の効果や選び方について

2021.7.31

「お茶がダイエットによい」という話を聞いたことがある方も多いと思います。しかし、どのお茶がダイエットに向いているのか、また、お茶にどのような働きがあるのかまで知っている方は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は、ダイエットに役立つお茶の種類と選ぶ際の注意点、そしてダイエット効果を高めるお茶の飲み方を紹介します。

ダイエット中におすすめのお茶

ダイエット中におすすめのお茶

ダイエット中におすすめのお茶はいくつかありますが、種類ごとにその特徴は異なります。まずは、どのお茶にどのような作用が期待できるのか、くわしく見ていきましょう。

緑茶

緑茶に含まれるカテキンは、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあります。血糖値の上昇にともない分泌されるインスリンは、血液中の糖分を脂肪に換えて体内に蓄積させる働きを持つホルモンです。しかし、血糖値の上昇が抑えられるとインスリンの分泌量が少なくなるため、緑茶を飲むことは肥満抑制に効果があると考えられています。

また、カテキンにはいろいろな種類がありますが、緑茶に含まれるのは特に強い抗酸化力を持つカテキンです。カテキンを継続して一定量摂取すると、肝臓での脂質代謝が促進しエネルギー消費量が増えるため、体脂肪の減少も期待できます。

烏龍茶

烏龍茶に含まれるポリフェノールは、脂肪の分解、吸収に関与する消化酵素“膵リパーゼ”の働きを抑えることが知られています。膵リパーゼの働きが抑制されるということは、食事から摂取される脂肪が分解、吸収されにくくなるということです。ですのでダイエット中に脂っこいものを食べるときには、烏龍茶を一緒に飲むことをおすすめします。

プーアル茶

プーアル茶は、黒麹菌で緑茶を発酵させたお茶です。発酵させることによって作られる“重合型カテキン(重合型ポリフェノール)”と呼ばれる成分が、脂肪吸収を抑える作用を持つとされています。ビタミンB群やミネラルも含んでいるため、ダイエット中の栄養の偏りが気になる場合は積極的に飲んでみましょう。

黒豆茶

黒豆茶は黒豆を煮出して作るお茶です。黒豆茶には、脂質の代謝をうながす大豆ポリフェノールやビタミンB群が多く含まれています。また、塩分(ナトリウム)の排出をうながすカリウムも豊富で、むくみの解消にもおすすめです。

さらに鉄分も多く含むため、貧血対策としても効果が期待できます。

ルイボスティー

ルイボスティーは、南アフリカ特産のマメ科の植物から作られるお茶です。ルイボスティーには、むくみの解消に役立つカリウムのほかマグネシウムも含まれています。マグネシウムは酵素の働きを助ける成分で、便通改善にも効果があります。ノンカフェインなので、寝る前の1杯としてもおすすめです。

ジャスミンティー

ジャスミンティーは、茶葉に茉莉花(マツリカ)という花の香りをつけたものです。この香りの成分には、脂肪燃焼効果があるとされています。運動をする前にジャスミンティーを飲んでおけば、運動によるダイエット効果が期待できます。

また、ジャスミンティーにはホルモンバランスを整える作用やリラックス効果もあるとされています。生理時のイライラでダイエットに失敗した経験のある方は、ぜひジャスミンティーを試してみてください。

ダイエット中のお茶の選び方

お茶はコンビニエンスストアなどでも購入できますが、選ぶ際にはちょっとした注意が必要です。お茶を飲んだ結果、かえって太ってしまうことがないように、ダイエット中のお茶の選び方をチェックしておきましょう。

低カロリーのものを選ぶ

お茶にはカロリーがほとんどありませんが、口当たりをよくするために糖分が加えられている商品もあります。知らず知らずのうちにカロリーオーバーになることを防ぐため、購入前にはしっかりカロリーを確認しましょう。

人工甘味料を使用していないものを選ぶ

低カロリーでも、人工甘味料を使用しているものはおすすめできません。人工甘味料は天然の甘味料に比べてカロリーが低いですが、摂り過ぎるとお腹を壊しやすくなります。さらに依存の危険性も指摘されているため、できるだけ避けた方がよいでしょう。

なお、“無糖”とされている商品でも人工甘味料が添加されている場合もあります。成分をきちんと確認して、本当にダイエットに役立つお茶を選ぶようにしましょう。

ダイエットに効果的なお茶の飲み方

ダイエットに効果的なお茶の飲み方

お茶のダイエット効果を高めるためには、飲み方にも工夫が必要です。ここでは、ダイエット効果を高める上手なお茶の飲み方を紹介します。

ホットで飲む

お茶はホットで飲むのがおすすめです。もし熱いお茶が苦手な場合は、常温で飲むようにしましょう。お茶を飲んで体が温まれば代謝が上がり、ダイエットが進みやすくなります。

こまめに飲む

お茶は一度にたくさん飲むのではなく、小分けにして飲むようにしましょう。一気に飲むと、トイレが近くなったりむくみの原因となったりするおそれがあります。摂取の目安は、1時間にコップ1杯程度です。市販のお茶の中には一日の摂取量が定められているものもあるため、注意してください。

カフェイン入りのお茶は寝る前に飲まない

ダイエットを成功させるためには、質のよい睡眠をとることも大切です。カフェインを摂り過ぎると寝つきが悪くなるため、寝る前はカフェインの入っていないお茶を飲むようにしましょう。おすすめは、マメ科の植物を原料としている黒豆茶やルイボスティーです。

毎日の習慣にする

お茶のダイエット効果を十分に引き出すためには、継続することも大切です。お茶をこまめに飲むことを毎日の習慣として取り入れ、できるだけ長く続けるようにしましょう。

まとめ

お茶は、ダイエットの成功をサポートしてくれる頼もしい存在です。毎日の飲み物をお茶に切り替えて、効率よくダイエットをすすめましょう。

もっとも、お茶を飲むだけで痩せることはできません。理想のボディラインに近づくためには、食事の管理や運動も大切です。そこで、ジムやエステサロンを利用するのも方法の一つですが、パーソナルジムや高級エステサロンの利用料はあまりお手頃とはいえません。

定額制セルフエステのBODY ARCHIなら、お手頃な月額利用料で最先端のエステマシン「フォースカッター」が使い放題です。フォースカッターは、「エステティック業界ベストアイテム」の「痩身部門」で2年連続大賞を受賞している高機能マシンで、顔まわりを含めた全身にアプローチが可能です。

「Wラジオ波」が深い層と浅い層にアプローチ
深い層にアプローチする「モノポーラ」 / 浅い層にアプローチする「マルチポーラ」深い層にアプローチする「モノポーラ」 / 浅い層にアプローチする「マルチポーラ」
「EMS/吸引」が筋肉に働きかけ理想のラインに
筋肉に刺激を与える「EMS/吸引」筋肉に刺激を与える「EMS/吸引」

お腹まわりや太ももが気になる方には、脂肪の深い層、浅い層の両方に働きかけるWラジオ波をおすすめします。さらに、筋肉を刺激するEMS、吸引作用のある特殊ヘッドを活用すれば、メリハリのあるボディを目指すことも可能です。

気になる部分を集中的に施術するもよし、ボディ全体をバランスよく刺激するのもよし、セルフエステなので自由に施術できます。

施術ルームは全室完全個室なので、人目を気にせず通えるのも大きな魅力です。全室個室、セルフ施術に加えスマートチェックインを全店で導入し、感染症予防対策にも力を入れています。

フォースカッターの効果を多くの方に知っていただくために、BODY ARCHIでは手ぶらで参加できる無料の初回体験を実施中です。多くの方が効果を実感している初回無料体験を、この機会にぜひ一度お試しください。

くわしくはコチラ

監修者

監修者

井澤綾華(いざわ・あやか)

北海道で4代続く農園を運営する傍ら、料理研究家として、レシピ開発、料理教室、栄養学の情報発信や各種講演会などで精力的に活動中。

保有資格:
・管理栄養士
・栄養教諭第一種

BODY ARCHIが選ばれる理由

※他にもBODY ARCHIならではの特典やサービスをご用意しております。

詳細を見る

EXPERIENCE

これまでのエステマシンは
忘れてください。

初回体験45min 無料

セルフエステの手順とマシンの操作をお試しいただける無料体験を実施しています。
ボディアーキのためだけに開発された本格的エステマシンの効果を、ぜひ実感してください。

無料体験はコチラ

先着10,000名様限定特典!詳しくはこちら